Posted by on 7月 15, 2011 in News!!

すっかり梅雨も明けて、夏日が続きます。
京都は祇園祭のまっただ中。京都駅でもお囃子がながれていて、すっかり祭りムードです。
14日の夕方から歩行者天国がはじまり、15日の宵々山、明日16日の宵山、17日の巡行と
この週末は街中が賑やかになりそうです!

14日の歩行者天国になった直後の烏丸通。
ずっっっと奥の京都タワーまでよく見わたせます。
毎年のことですが、大きな通りから車が消えると、一気に静かになって、とても不思議な感じがします。
あちこちの鉾で演奏されるお囃子も良く聞こえるようになります。

歩行者天国になった直後の烏丸通

 

17日の巡行で、最大の見せ場の「辻まわし」が行われる四条河原町の交差点のすぐ近くにある京つけもの村上重本店さんが新しい商品、「きのこの山椒煮」を発売されました。
「えりんぎ」「椎茸」「しめじ」の三種類のきのこを山椒の実と一緒に炊き上げてある佃煮でして、先日いただいたのですが、しっかり炊かれている肉厚のきのこと山椒の香りがさわやかで清々しく、暑い夏場のご飯のおともにぴったりだなぁと思いました。
それぞれのきのこに合わせて炊き方も変えてあるそうです。

「えりんぎ」「椎茸」「しめじ」の三種類のきのこを山椒の実と一緒に炊き上げてある佃煮

常温で持ち運びができて賞味期限が1ヶ月ほどということで、市内観光の途中に買われて持ち歩かれても大丈夫です。
村上重本店さんは以前もご紹介したことがあるのですが、お店の雰囲気もとってもステキなので、京都へおいでの際はぜひぜひ一度行ってみてくださいね。

 

14日夜に室町通りをのぞいてみましたが、すごい人でした。
写真は室町四条上がるの菊水鉾です。

室町四条上がる、菊水鉾

室町四条上がる、菊水鉾

 

ここは浴衣ではなくて、巫女さんのような衣装で粽(ちまき)や手拭などを販売されていました。

粽(ちまき)や手拭などの販売