Posted by on 12月 2, 2018 in Exhibition
野村美術館

甲斐玲子さんと山崎脩先生の個展に野村美術館へ伺いました。

春:望 のぞむ
夏:創 つくる
秋:惟 おもう
冬:黙 だまる

どうやってあのような細い体からこのような、、、というど迫力の作品。
また選ばれている言葉が、、かっこいいです。
「惟う」が「おもう」ということを初めて知りました。
とっても大きいな筆でじっくりと向き合って描かれるということですが、だいぶ圧倒されました。

山崎先生の作品はお茶杓の入れ物がイタドリできているとお聞きして、びっくりしました。

余白も美しいかっこいい個展でした。