Posted by on 10月 8, 2018 in 未分類

小さい頃からなぜかうちの車ではよくレゲエ音楽が流れていました。
私は父はレゲエ好きなのかと思っていたのですが、好みの問題よりは、若き日にキングストンに同行させてもらった記憶を身近に感じていたのか、石井師匠の存在を感じることによって自分の立ち位置を無意識に作っているようなところを私は感じているのですが。

そのオーバーヒートの石井さんがRocksteady本を発行されました。
全ページおしゃれな色のトーンで紙の質感やデザイン、とっても素敵です。

The Rocksteady Book

以前ライブに寄せて頂いたCarlton and the shoesのCarltonさんのインタビューも掲載されていて、おじいちゃんなのに、とんでもなく甘くて体がうきたつプロフェッショナルな歌声がよみがえってきました。

目次
レコードジャケットが良い感じです

そして、ラフンタフのラストのおしゃれなセッションをしていたグラディさんの本も同送いただきました。
Tシャツの置き方、こんな風にできるのは本当におしゃれだとディレクターは申しておりました。

グラディさん本
zineのよう。Tシャツの置き方かっこいいですね。
カリビアンブリーズというCDをよく車で聞いていました。