Posted by on 8月 6, 2015 in 京都案内

東洞院三条下ルの三條尾張屋さんより(こちらの「天ぷらそば定食」は弊社ディレクターの大好物です)愛宕さんのお札をいただきました。
7月31日、8月1日に愛宕山にお参りしてお札をもらうと、千日のお利益があると言われています。
大事なお札を早速台所の一番よく見える高い所にはって、千日守って下さいと手を合わせました。

愛宕さんは何回か父と家族で登ったことがあります。若いころは「おのぼりやす」「おくだりやす」と律儀に挨拶する父の後ろから、言いなれない「やす」に抵抗を感じていました。
最後に登ったのは、父がもうすぐ90歳のころ。「とても90には見えない」と言われ、「へへへ」と得意そうに笑っていました。
私にとっては、懐かしい大切な思い出です。M

  • 愛宕さん千日参りのお札
  • 愛宕さん千日参りのお札