Posted by on 4月 27, 2015 in えが撮った, 京都案内

写真はつい先日の常寂光寺さんです。

今の季節は芽吹きの季節とのことで、どんどん新芽が出てきていました。
受付のすぐよこに、個人的にとてもファンの木があるのですが、その木の根っこからも新しい芽が出ていました。

常寂光寺

植物の世界
種がたまたま落ちて、そこからどれくらいの確率かわからないけど芽吹いて、それでそれぞれが独立していきているのがすごいなぁと思います。
でもこの木は他の植物に養分吸収されていやじゃないのかなぁ。。養分とられても平然としてるこの木がえらいな。などと考える自分がちっさいのか。。
そして、地球はもっといろんなものにいっぱい養分やら、恵みを分け与えながら私たちを乗せてまわりつづけているわけで、そう考えると地球、ほんとにえらい。
人間はいっぱい自然に教えてもらうことがありそうです。

だいぶ脱線してしまいましたが、みなさまは紅葉の新芽や花をご覧になったことあるでしょうか??
(私はお上人さまに教えていただくまで知りませんでした。。)
ちょうどこの季節に小さくて赤いかわいらしい青葉紅葉のお花がみられます!
お上人さまの心の行き届いた境内、ぜひ訪れてみてください。

個人的には山門前のシダ植物の佇まいがツボでした。

_MG_1524